Virtustream Blog

人材とHRのブログ


in 採用情報

準備完了

本当に望む技術職務を手に入れる 第1部

Lauren Day、グローバル人材採用担当シニア ディレクター

テクノロジー業界が分刻みで競争力を高めるなか、さまざまなレベルと役割にわたる多数の求職者が、どうすれば希望する会社に就職できるのかを知りたがっています。私は、20年以上にわたってテクノロジー分野の優秀な人材の発掘、採用、維持に携わっており、これまであらゆることを目にしてきました。この記事では、あなたが面接の際に実践できる有用なヒントをいくつかご紹介したいと思います。

このブログを読んでいる最近の卒業生または将来の卒業生の皆さんへ:来週、このブログの第2部をチェックしてください。第2部では、大学卒業後の仕事探しに役立つ具体的な情報をいくつかご紹介します。

迅速な対応

テクノロジーは俊敏で迅速

テクノロジー業界は2つの速度で動きます。「速く」、そして「より速く」です。テクノロジー企業は、規模や形態にかかわらず、この急速に変化する業界に遅れずについていくことができる俊敏な従業員を求めています。職場で俊敏であることは極めて重要です。お客様のニーズは突然変化することがあります。予期しないテクノロジーの問題に直面することもあります。それにもかかわらず、あなたのチームは、あなたが即座に決断を下し、事態に対処して、中断したところからすぐに仕事を再開することを期待します。テクノロジー業界に飛び込もうとしているときには、自立した学習者であることと意欲的な労働者であることを示すことが非常に重要です。

企業は、これらのスキルが時間の経過とともに磨かれることを知っており、あなたが面接で今後の成長軌道を明確に示すことができれば、あなたのトレーニングと能力開発に進んで投資しようとします。常に現状に満足せず自分を磨き、あなたが今会社のために何かができるか、そしてたとえば2年後に何ができるようになるかを会社に示してください。将来の雇用主は、あなたが将来の目標についてどのように考えているか、そして会社でのあなたの成長軌道がその目標の達成にどのように役立つか知りたがっています。

一意性

差別化要因を特定する

現在、雇用市場は活況を呈しています。優秀な人材はすぐに仕事が見つかり、競争力のある求職者にはいくつかのオプションがあります。さらに、テクノロジー企業が求める人材に、根本的な変化も起こっています。テクノロジー企業はもはやコーディングができる人材だけを求めているのではありません。テクノロジーについて包括的に理解し、本質をつかみ他の人に思慮深く伝えることができる求職者も探しています。あなたの「これというもの」を見つけ、面接時に売り込んでください。

たとえば、あなたはエンジニアとスムーズに仕事の話ができるマーケターですか。または、人前で話すのが得意な開発者で、大きな業界会議でキラー トークができますか。あなたを全く同じ経歴を持つ他の求職者に優る選別対象とする、あなただけが会社に提供できるものを、経験、教育、個性の観点から考えてください。

文化的な適合

文化は重要

雇用主にとっても潜在的求職者にとっても、文化的適合は絶対に必要なものです。あなたのスキルセットが会社のニーズに完全に一致している場合でも、あなたがチームにかみ合わず、会社の価値に共感できなければ、関係者全員にとって非生産的な体験になります。

面接室に入る前に会社の中核的価値について基本的に理解していることを確認し、あなた自身と面接官の相性に細心の注意を払ってください。この人物と毎日一緒に働いている自分の姿をイメージできますか。チーム活動に関する具体的な質問をし、その環境で毎日働くことがどういうものかをイメージしてください。

これらのヒントがあなたの仕事探しに役立つことを祈っています。あなたが最近の、または近い将来の卒業生である場合は、このブログの第2部もお読みください。面接に関する具体的なヒントをご紹介します。

-Lauren

このブログ投稿にはあなたに関連することが簡単にまとまっていましたか。募集職種を確認し、今すぐ履歴書をお送りください。
さらに詳しい情報は、Twitterアカウント(@VirtustreamJobsおよび@Virtustream)をフォローし、#cloudトークで最新情報をチェックしてください。