Virtustream Blog

こだわりが求められるとき


in クラウド, テクノロジー, xStream

Gaudlip1.png#asset:3180

私は習慣から抜け出せない人間と言われることがあります。なぜなら、会議室で必ず同じ席に座り(部 屋の奥からドアが見えるところが私の指定席です)、毎日同じ飲み物を飲むからです(カフェのバリスタは私の名前と私の好きな飲み物を覚えています)。 私はこれを強迫性障害だとは思いません。 私はこれを強迫性反復、効率、秩序症候群(Obsessively Repetitive, Efficient and Orderly Syndrome)、略してOREOSと呼んでいます。 これが世の中でクッキー症候群と呼ばれていることは知っています。 なぜそう呼ばれるのかは知りません。

これが何の関係があるのかとお思いでしょう。 関係はあります。私生活で役に立つことが見つかったら、それをサービス デリバリのベスト プラクティスに適用できるからです。

Virtustreamのお客様から、「エンタープライズ クラウド サービスのデリバリをどのように革新してその効率性を高めていますか。今後期待できることは何ですか」という質問を受けます。 私は自分の私生活と同じアプローチで回答します。 非効率がある場合、Virtustreamのサービス デリバリ チームと私は毎日それを排除するために必死に働きます。

靴下を例として取り上げてみましょう。最初靴下は常にペアであります。 チームとしてサービスを提供するという最大の意図を持つ完全に同じ色と色調です。ただし、時間が経つと、必ず片方がどこかに行ってしまいます。 どこに行くのかは知る由もありません。わかるのはどこかに行ってしまうということだけです。 数か月後、一致しないペアがいくつか残ります。片方がその巣となる引き出しから出て行ってしまうからです。 この不可避のサービス ジレンマを解決するにはどうすればよいのでしょうか。 答えは非常に簡単です。 全く同じ種類のペアを、同じタイミングで、同じメーカーから、非常に長い間足りる十分な量を購入すればよいのです。

私はこれまで靴下をなくしたことはないと断言できます。必要なのは2つつかむだけだからです。これで、毎回手間をかけたり頭を悩ませたりせずに、完璧に一致するペアで問題を解決できます。Virtustreamは、サービス デリバリ内で自動化とオーケストレーションをこのような方法で使用しています。 個々のIT部門は、Virtustream Managed Servicesほど革新的になれません。一致しない靴下をいつも認識できるとは限らないからです。 Virtustreamは、あるお客様の非効率な部分を見つけて解決した後、他のすべてのお客様がメリットを得られるように、ベスト プラクティスとしてそれを返すことによって効率性を高めています。 あるサービス デリバリの問題を1回限りの労力、1回限りの思考、1回限りの解決策で解決し、解決に用いた方法を毎回繰り返し適用します。 これがVirtustreamのやり方です。Virtustreamはリスク回避を理解しており、問題の解決とベスト プラクティスの適用において反復的であることにこだわります。

別の例を見てみましょう。 私は非常に古いピックアップ トラックに乗っています。 もちろん私はピカピカの新車が好きですが、「壊れていないものを直すな」という古い格言に従っています。 この格言には全く同意ですが、一部のお客様はサービスについて話しているときにこれと全く同じことを信じています。 紙面やTVで取り上げられる新しいサービスや改善されたサービスは、必ずしもその通りの結果とはなりません。 私は、最新かつ最高のテクノロジーとサービスについて多くの調査を実施します。 継続的に議論されているトピックの1つとして、DevOps、リーン、スクラムなどの方法論があります。 誤解しないでください。これらは素晴らしいものであり、サービス デリバリの進化に貢献しています。 ただし、お客様は企業文化的な受容判断と評価を実施し、組織が変化をどの程度前向きに、そしてどのようなペースで受け入れることができるか認識することをお勧めします。 私はこの認識を「道路状況」と呼んでいます。 ほとんどの交通標識は、理想的な道路状況に基づいた制限速度を示しています。 IT環境の変革を決断する意思決定者として、前方の道路状況に危険がないとやみくもに判断する前に、ITスタッフの変化への意欲、彼ら自らが構築したものへのプライド、OREO症候群の浸透度合いを、できる限り時間をかけて評価してください。 人間の取り組みのトランスフォーメーションを計算、コントロール、計画する必要があります。 Virtustreamにはサービスを進化させるための実証済みの方法論があり、これは道路状況に合わせて容易に調整できます。

Virtustream xStreamクラウド管理プラットフォームを使用して、Virtustream Managed Servicesのどのような革新性がサービス デリバリに効率性をもたらすのか、あるいはVirtustreamが実証済みのサービス デリバリ フレームワークを使用してどのようにお客様の環境を変革するのかについて関心がある場合は、私たちにご連絡ください。詳しく説明いたします。