Virtustream Blog

不眠症解決のPowerPoint


in ビジネス

Blog-Banner-PowerPoint-to-Insomnia-768x2


タイトルがすべてを語っています…誰もが経験したことがあるように…最初はしっかりと聞いていたの ですが、スライド93ページになることには、食料品買い出しリストを作成したり、オンラインで買い物をしたり、Eメールを読んだり、友人とインスタント メッセージをやり取りしたり、週末の予定を計画したりしていました。

しかし、その後、「私の人生のちょうど1時間を費やしたが、それは価値のある1時間でした。その1時間を通して知識だけでなく、重要なのは、見識を得られたことをうれしく思います」という印象を残すプレゼンテーションにもいくつか出会いました。一口メモ:プレゼンテーションは知識ではなく見識を身につけるものでなければならない。

皆さんがプレゼンターの仕事を任されたら、プレゼンテーションはことわざにあるように、氷山の構造のようなものと考えてください。水面上にあるのは約12~15%で、そこが完成したプレゼンテーションで目にする部分です。たくさんの聴衆を前にしたプレゼンテーションに真剣に取り組むならば、まず水面下の85%に力を注いでスライドを作成してください。私は、独自のTHUMBルールに基づく3ステップ プロセスを使用しています。

3つのステップ:

  1. 最初は、「言葉によるメッセージ」です。コンテンツ、流れ、言い回し、メッセージ、コンセプトなどを作成/ブレインストーミング/読み直します(この繰り返しで内容を絞り込む)。
  2. 次は、「視覚的なメッセージ」です。フォント、配置、画像、図などを見ます。時間が許す場合は、この機会を利用してクリエイティブ サービス部門を巻き込んでください。Smart Artは、スマートでもアートでもなく、クリエイティブ サービス部門の助けを借りることで、プレゼンテーションを制作する価値を高めて、聴衆を飽きさせないようにできるからです。
  3. 3番目は、「トーク トラック メッセージ」です。一般には見られない部分で、貴重な時間を費やす部分です。

次のTHUMBに逆から従ってください。

T=Talk Track(トーク トラック)

H=Humble(謙虚)

U=Understanding(理解)

M=Message(メッセージ)

B=Blah, Blah, Blah(何とかかんとかは入れない)

つまり、余計な話は挟まずにメッセージの意味をよく理解して謙虚に筋道に従って話すべし、ということです。このプロセスに従ってください。そうすれば、歯医者さんの4人に3人が価値あるプレゼンテーションだったと認めてくれるでしょう。

ブログはとにかく長くなければならないなんてルール、誰が決めたんでしょうか。おやすみなさい。

Chris

Twitter:@chrisgaudlip