xStream®

xStream の機能

xStream でエンタープライズ アプリケーションを実行し、市場で最も高 性能でインテリジェントなアプリケーションの管理ソフトウェア製品の 1 つにあげられる xStream の性能を確認してください。

保証されたアプリケーション レベルの SLA*

Virtustream μVM リソース管理

専用の動的なアプリケーション リソース プーリング(コンピューティング、 ストレージ、ネットワーク)

データセンター、アプリケーション、インフラストラクチャの高可用性

アプリケーションとデータのセキュリティ

二要素認証 

インテル®TXT – Trusted Computing

導入における柔軟性

プライベート クラウド(オン プレミス)

仮想プライベート クラウド(クラウド SP)

パブリック クラウド(クラウド SP)

パブリック クラウド+プライベート クラウド(ハイブリッド)

信頼性に優れた連携型クラウド機能

アプリケーションの柔軟性

ビジネス クリティカル、本番アプリケーション (ERP、CRM、HCM、財務、E メール、SAP、Oracle、Microsoft)

Tier 2 および Tier 3 のアプリケーション

コンテンツ管理

Web サイト管理

ユニファイド コミュニケーションおよびコラボレーション

エンタープライズ向けのテスト用、開発用アプリケーション 

モバイル アプリケーション開発 

Big Data 分析 

メインフレームと AS400 の移行** 

RISC/UNIX の移行** 

アプリケーションから SaaS への移行** 

信頼性*

99.99~99.999 の SLA 

地理的に冗長なデータセンター 

動的な高可用性のコンピューティング、ネットワーク、ストレージ 

統合型バックアップが可能 

統合型ディザスタリカバリが可能 

管理性

マルチ テナント システム管理 

ブランド化されたカスタマー ポータル 

アプリケーション カタログと展開のオーケストレーション 

お客様向けのセルフ サービス ポータル 

監視とレポート 

複数レベルの課金とチャージバック 

相互運用性

VMware ESX、KVM ハイパーバイザー 

Windows、Linux OS 

Amazon EC2/S3 に匹敵する API 

主要ハードウェアプロバイダー(CiscoEMC>span class="s1">、IBMHP など) への広範な対応 

* 信頼性保証ステートメントは、Virtustream が推奨するベスト プラクティスへの準拠に依存します。機能は、ソフトウェアのバージョンによって異なるので、正確な機能については、ドキュメントを参照してください。 

** 移行では、CIS(Cloud Integration Services)が必要になります。